[ホーム]   [プロフィール]   [歩み    [練習日程]   [歌詞]   [写真アルバム]   [リンク集]  [掲示板]
解説  〜「合唱組曲佐波川」について
◎「合唱組曲佐波川」は、平成元年9月、市民の集いにおいて、企画・防府青年会議所
  作詞・岡田岩吉、作曲・橋正剛、演奏・防府市民合唱団、右田小学校等を始めとする
  200名の合唱団
によって、文字どおり防府市民の“手づくりによる、ふるさとの歌”として
  生みだされ
ました。

◎「合唱組曲佐波川」は、防府の母なる川であり、また重源上人が東大寺再建の用材を
  運んだことでも知られる「佐波川
」の、「その源から海に至るまで」と、「太古から現在に
  至るまでの歴史」とを語る、
七つの歌によって構成されています。

◎「合唱組曲佐波川を広める会」によって、東京混声合唱団他の演奏によるCDレコード
  5,000枚もビクターで製作されています。(在庫があります。1枚2500円)

歌詞  〜その七つの歌を、順にご紹介しましょう。〜
@女声合唱によって、熊笹しげる山奥の流れを歌う「笹さやぐ」

A重源上人が、切り倒されようとする大木の精霊(すだま)と一夜をあかすさまを、

  また、その大木を川に流すさまを歌う「木遣り(きやり)」、男声独唱。

B佐波川を望む桑山に葬られた、聖徳太子の弟・来目皇子(くめのおうじ)を歌う「佐波の津」
  無伴奏、男声合唱。

C女声独唱で乙女の感傷を歌う「思い出」

Dおまえはね、佐波川で、たらいからひろってきたんだよ、と子供に語る「たらいと人形」
  児童合唱。


E古事記に語られている国つくりのさまになぞらえて、防府の大地の生まれるさまを
  混声合唱で力強く歌う「大地(たいち)生成」

Fそして七曲目は、格調高い語りも含めて、母なる川、佐波川のすべてを「わっしょい」の
  掛け声とともに歌い上げる
「佐波川讃歌」の全員合唱でしめくくります。

俊乗房重源上人
重源上人像(佐波川河畔)

ホームに戻る