会社概要

創業明治43年 大型産業用機械の大型精密機械加工に特化した、少数精鋭の大型品精密知的加工技術集団です。

明治43年(1910年)

明治大正期の事業

一般家庭には電気・電話が普及していないころ初代松下伍郎が創業(日露戦争のすぐ後)
鋳物鋳造から一貫生産による発動機製造と設備工事全体を受注。ブランドは「OSAKASEIZO」工場は防府町宮市下鳥居(現在の防府市天神二丁目3-2)



「発動機」とは:
電気の普及していない時代なので、モーターでなく灯油を燃料にした原動機として多くつかわれた。電源のない山間地での農業用脱穀機などとしては近年まで見られた。


昭和20年まで

戦時中の事業

戦時徴用工員を含め300人以上が生産に従事していた。
昭和の戦争の時代・・・小倉造兵廠指定工場として砲弾などを、鋳物鋳造から切削加工・仕上げまでの一貫生産・・・尋常小学校卒業生を養成工員として雇用し専用宿舎があった。勤労動員の多々良中学校生徒も働いていた。



勤労動員中学生との記念集合写真あり。


昭和20年(1945年)から

戦後の事業

ふたたびゼロからの再スタート。
①鋳物鋳造による歯車・歯車箱・ポンプ・発動機・ホイール・各種台座などを切削加工・仕上げまでの一貫生産
②防府のカネボウ・協和発酵などの工場用生産設備の製造



昭和38年(1963年)の上空からの全景写真あり。


昭和55年(1980年)から

大型産業用機械の大型精密加工事業に特化

大型マシニングセンターを設備(NC横中ぐり盤11台など)
少数精鋭の精密加工技術集団
「マザーマシン(機械をつくる機械)」といわれる大型マシニングセンター(NC横中ぐり盤)を11台昼夜フル稼働



マザーマシンとは:「機械を作る機械」といわれる大型で精密で多様な加工ができる高価高度なコンピュータ制御大型精密機械
特化とは:ある特定の分野にちからを集中して、他よりも特にすぐれた状態になること


防府鉄工所の年表画像

年表で見る防府鉄工所の歴史


NC横型中ぐり盤の設備と技術は日本トップレベル


防府鉄工所は、少数精鋭の大型品精密機械知的加工技術集団であり、中小企業としては、NC横型中ぐり盤の設備と技術で日本トップレベル地位を確立しています。

NC横中ぐり盤(マザーマシン)の詳細はこちらへ


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 9:00〜17:00)

電話番号:0835-22-3015