桜が好きな社長のブログ

27年前の工業特区深圳市(シンセン)です。

1991年10月、今から27年前(!)です。広東省広州市と、経済特区深圳市(シンセン)の工場見学をしました。新聞社主催です。メンバーは、ほとんど鉄工所の社長です。広州市は人口600万人。深圳市は200万人だが10年前は5万人(!)でした。ただし鉄条網で周囲を囲ってあります!


深圳のSANYOの工場

4階建てです。日本以外ではよくあるんです。

ペナントのような標語掛けが中国流です。法人税は10%~15%。優遇税なり。

いろいろなものが「木製」です。なつかしい。ただしピカピカ。

広州市の経済部の主任さん。まともなルートでは10年経っても会ってもらえないらしい。もう朋友だから次からは私に直接言ってくれ。といわれました。ご馳走料理「竜虎の料理」です(へびとねこ・・・の事なり)。定年の60歳になったらゆっくり休みたい。若かったら・・・商売をしたい。子どもは2人。夏は湿度70%~80%でたまらん。英語はダメ、日本語もダメ。通訳を介していろいろ話しました。

パンフレットたくさん。いろいろです。なつかしい色合いですね。昭和30年代的です。

この方は、工場長さんですが、防府生まれで、筆者の家から自転車で3分くらい。高校も先輩です。奇遇です。

平均年齢21歳、3500人います。みんな自転車通勤です。

見渡す限り20代の若い女性です。みんな田舎から出てくる。最初3日くらい海をずっと見ている(海が珍しいから)。それからあっという間に、ミニスカートになる・・・・そうです。

これが3500人分の自転車の一部ですよ。

その、自転車置き場の前で写真をとりました。

みんな静か(?)かな?ホーロ製のどんぶり式のお弁当も普通だそうです。工場の昼食40円(内30円は会社補助)。戸外で人に見せびらかしながら食べるのが習慣。民家でも外で見せて食べる。「メシ食ったか?」があいさつ語です。

お給料の話し;特区のSANYOでは、普通の人は月給6000円・大卒1万2000円。EPSONでは、7000円・大卒3~6万円(!)。残業割増し1.5倍、休日2倍、祝祭日3倍。特区以外では月給5000円くらいだとか。広州には大学が25ある。(ただし、国立大学の卒業者は国が勤務地も職業も決めます)筆者が中学生のころ先生月給1万5000円~。高校生でバイトして、日給500円でLPレコード1500円のを2枚買った!


整理・整頓・清潔・・・・と、清掃かあ。

まだまだ、赤土の大地が広がっています。

赤土を掘ってまっすぐな道ができるところ。

こんなトラックです。やっぱり昭和30年代風ですね。

ここも赤土で、大きなダンプカーが走ります。舗装はこれからのお楽しみ。

掘る前は、あの高さの平野だったんですね。道になります。

登ショウヘイさんのスローガン。10年前からスタート。

野菜がいろいろ。黒ズボンと白シャツ。

これから高層ビルが建つんでしょうね。

赤い服でミニスカートのお母さんです。

さて、みんなのファッションはどうかなあ。住宅不足で2DKに2家族、3DKに3家族が普通とか。住居が上海では一人3m2・深圳では一人10m2とか。子供は一人だけ。農村では長女が生まれたらもう一人まで許可がでるそうです。

道路舗装は、手作業で、コンクリートを流しこむんです。やっぱり昭和30年代か?

アヘン戦争勃発の地の景色です。北京から3000Km離れたこの地は、孫文や毛沢東の革命の発祥の地でもあるデスね。古くから豊かなんです。食は広州にあり!

広東省の省都、広州市の広州駅です。広東省人口6000万人。広州市600万人。

福岡~香港へ飛行機1時間・香港~広州市へ電車2時間でした。ちなみに福岡~台北へ飛行機1時間40分。香港1000平方Km600万人・台湾3万6000平方Km2000万人・広州市7500平方Km600万人・広東省21万平方Km6000万人・日本38万平方Km1億2000万人・・・です。


広州市の大通り

10年前(1981)から個人商店がOKになり、広州市には個人経営飲食店が6万軒。6年前(1985)から経済特区ができて外資や合作会社をどんどんつくっている。人民服は無、毛沢東も無、テレビでは台湾の国会の様子をやっていました。大通りは自動車が4車線を埋めて走り、脇の2車線を自転車があふれています。女性は化粧してミニスカート、商店街は、笑顔の人たちでいっぱいです。しあわせそう。(ただし移住の自由はありません)1元27円。


広州市の裏通り

デパートかと見えますが、これが工業団地なり。

昨年できた建物だそうですが・・・・ん?という風に見えますね。

日本にあって広州の街中にないもの。神社仏閣・ヌード写真・本屋・駐車場・開業医・スーツ姿ですね。少ないものは眼鏡の人。会わなかった。多かったもの。電線に鈴なりのスズメ。

物価の話;カラーテレビ6万円~9万円、洗濯機1万5000円~2万4000円、ルームエアコン30万円、電気炊飯器3000円(安い)、自転車9000円、子ども用自転車5000円~7000円。失業者・待業者は子守をする。食事つきで600円~900円。


台湾の機械展示会で横中ぐり盤です。なんと1988年、30年前ですね。30年前の社長です。

台湾は人口2000万人、面積は九州の7分の6。GNPは日本の3分の1.首都台北は人口250万人で人口密度は世界1~2位。
わが社が自慢の<横中ぐり盤メーカー>は台湾に1社だけ。10年間で100台作った。ただし去年一年で50台売れた。ただし、日本の東芝機械(世界一のメーカー!)の完全コピーで、色や名称ロゴまで同じ。(買いませんよ。もちろん)・・・・以下、コメントはどれも、1988年時点のものです。


標語が読めますか?快快楽楽上班 平平安安回家 享受美好人生 保障家庭幸  いいことかいてありますね。

標語は、やっぱり<5S>がいちばん

このような神棚が、台湾もタイも、ベトナムも、ありました。

これは、機械の台座(本体フレーム)の鋳物素材です。これを大きな機械で削ります。

当時としては、立派なマシニングセンターです。頭の上に弁慶式に刃物工具がついています。工員さんは特別待遇、月給20万円。ふつうは12万円くらい。単純労働なら6万円くらい。

新聞社主催の工場見学旅行です。みんな社長さんです。35人もの大団体ですが、熱烈歓迎してもらえました。

機械見本市です。吹き抜けの立派な会場です。

機械見本市は野球場くらいの広さで、立派!台湾のやる気を象徴している。かつ、とても盛況だけど、工作機械をつくるには、工場はまだまだです。ホコリっぽくて、古い機械に平均年齢30歳以下の工員さんたちがたくさん集まっている。研削盤メーカー、電子部品用プレス加工メーカー、三菱電機と合弁の電気部品メーカーを見学しました。
横中ぐり盤は、現場では見かけませんでした。そうでしょう。超高い機械です。


今の台湾の男性が欲しいものベストスリーは、<男の子・クルマ・家>だそうです。クルマはホンダシビック250万円。台北郊外2DK1500万円、台北市内2DK3000万円!超高いです。おおむね2世代で住むらしい。


横中ぐり盤です!ただしなにからなにまで、東芝機械製のコピーです。

せまいですけど整頓してある工場でした。

労働基準法がおととしできて、人件費が急騰。マシニングセンターを使っているひとの給料はなんと20万円!超高給与です。平均は12~13万円だそうです。単純労働は6~7万円。

自社で社員の育成・教育はしない・・・。引き抜き、引く抜かれる・・・、という社会習慣らしい。それでも製造業の工場団地がたくさんある。標語は日本語?ともかく漢字です。読めば、私でもわかります。


すてきなひとでしたよ。赤い服も目立ちましたけど。

制服でない・・・のは普通です。

この標語も、よく使われていますね。

すらっとした脚ですねえ!

子どもがしっかりしています。日本みたいです。

エアコン普及率は3%。そのせいか夜中の12時すぎまで街はひとでいっぱい。毎晩が、防府天満宮のお祭り以上、初詣以上の人出です。あたりまえかも。
女の子の夜の一人歩きも多い。お年寄りは歩いていないなあ。

街は、道路は広いです。その広い道路でスクーターは2人乗りが40%くらい。4人まで乗りますね。前にひとり、うしろに2人です。


それなりの高層ビル、それなりのラッシュです。


鉄板を巻いてあるのですが、あの杭は何?


もう一度、どうなっているか、よく見ましょう。

杭(くい)は、こうなっています。

もう、溶接した箇所もあります。

作業は、こんな風です。

鉄板を巻く⇒溶接して大きな、大きなパイプをつくる⇒大きなお皿(鏡板)に載せて⇒パイプとお皿をくっつける・・・これがなかなか難しいのです。ここが職人の腕(実はアタマ)です!!


うまくいったか?よく見る。

工場のなかは、こんな様子

横にしてみると、こうです。横にしてあります。

どうですか?なかなか、おもしろそうでしょ?うまくいかないこともあり。うまくいくこともあり。うまくいかないのを何とかして・・・できあがって<やった!>という感激がある。・・・・というのが手作りのいいところ。横中ぐり盤での加工はコンピューターに数字を、とにかく打ち込んでいって、それが、機械の動きになります。タテヨコの動き、刃物軸の回転などなど・・・。
こっちの手作りは、眼で見て、ここをこうすればこうなるね・・・。と考えて、こうしてこうして・・・こうするんです。最初に<ここをこうすれば、こうなるね>と考えるところが<職人の腕(実はアタマ)>なんですよ!面白いと思うなあ!楽しいと思うなあ!!

もちろん、まだまだ続きます。今は序の口。これからちゃんとしっかり溶接して⇒マンホールやノズルをつけるので、そこへ穴をあけて⇒マンホール、ノズルをたくさん溶接して⇒脚もつけて⇒てっぺんのリング手摺もつけて⇒寸法を検査して(図面と数ミリしかちがわない!)⇒上まで一杯に水を入れて(洩りませんよ!)⇒できあがり。・・・・超かんたんにいうと、こんな風につくるわけです。


通学の小学生に ずっとウケテマス


いきさつです。読んでやってください

旧国道2号に90m沿っています。よく目立ちます。

会社内、南西から見ると、こう見えます。建物は白く塗装してあります。

北東から見ると こう見えます。入道雲と白いカモメがよく見えます。28年前ですが!

アルミ製パネルです。累計100枚くらい掲示しました。

防府名物の裸坊祭りや阿弥陀寺や天満宮です

真東から見るとこうでした。塀が90mありました。今は30mです。

写真パネルは縦70cm横80cmで、創業80周年の1990年に設置しました。28年前ですね。とりかえとりかえ累計100枚くらいになりました。いろいろなパネルがありました。防府の歴史を語ったものや、防府観光名所のオンパレード「日本一古い防府天満宮」「かつての中国地方の覇者毛利家本邸である毛利氏庭園」「東大寺用材を伐り出した俊乗房重源の拠点阿弥陀寺」のきれいな写真や、鎌倉時代から「笑い講」が続いているまち防府は笑顔のまちですから観光協会が笑顔の写真コンテストをしばらく続けました。その優秀作品(というより社長の気に入った写真たち!)もたくさん掲示しました。笑顔は見ていると笑顔になりますね。最近は社長が好きな「桜の写真」もあれこれ載せています。ネコ好きのリクエストにこたえてネコ君もいます。

オブジェは2004年に作りました。見晴らし、見通しを良くしたくて、90mの塀をとりはらって30mにして、ネットフェンスにしました。そして、フェンスの内側に、いろいろピカピカ、クルクル、の廃材製オブジェを作りました。学校帰りの小学生にウケテいます。ときどき会社の敷地のなか、芝生のなかに入ってきて遊んでますね。イイヨオ。どうぞ~!


重さは子どもの100倍はありますね

NC横中ぐり盤(横型マシニングセンターともいいますが)で鉄を削ります。精密加工します・・・がわが社のセールスポイントですけど、鉄と鉄を当てて蒸気が洩れないように大きな鉄(3トンくらいの鋼の鉄)を削るって大変と思いませんか?

小さいものなら簡単・・・とはいいませんが、子どもより大きな鉄の製品を、部品を合わせて蒸気が洩れないようにピッタリ削るって、どう考えても大変でしょ?よくやっているなあと、我がことながら感心します。子どもより、寸法は大きくて、重さは100倍は重いです。


めずらしく社長が目立ってます

穴のいちばん奥のあたりを削るのが特にたいへん。いえいえ、全部大変かなあ!

穴のいちばん奥のあたりがいちばん加工しにくいですが、「底」になっている「そこ」が・・・一番大事です。部品とぴったりはまって蒸気が洩れなくするところです。横中ぐり盤はなんでも加工できます。とはいうものの、あんな奥は見えませんし、それでも削りますし、測定します。精度も厳しいです。溝もあります。昔、むかし、お客様である三菱重工の方から<この加工ができたら横綱級ですよ>と言われてうれしかったことを思い出します。横中ぐり盤で横綱になれたらうれしいですね。今はもう、三菱重工の工場では加工していません。あの職人さんもいません。10mとか、30トンとか、もっと大きくて重いものとかね!われわれのような中小企業でできないことだけを超大きな横中ぐり盤で切削加工していらっしゃいます。そりゃ貫禄がちがいますよ。ゴーリン、ゴーリンっていう感じです。


これは2.5トンくらいかな

どれも素材です。重そうですね

横中ぐり盤が11台あります


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 9:00〜17:00)

電話番号:0835-22-3015